講演会2

こんにちは。
理学療法学科 教官の笠木です。
前回に引き続き、講演会のお話です。

良い姿勢を取ろうとすると体幹ばかりに着目しがちになりますが、
骨盤の運動から波及する上下への運動連鎖を体感してもらうことで、
局所的に着目するのではなく、全身をみる必要性があることに気づいてもらいました。

そうすることで、不良姿勢をとり続けることに伴い
身体各部位に様々な症状が出ることの流れを認識してもらいました。

講演後は、実技として自分自身が普段とっている姿勢を認識してもらった上で、
簡単なストレッチおよび筋力強化などを実施しました。

14_1215_TP_1712

参加者としては健康な方から疾患を抱える方までと様々でしたが、
いずれも満足して頂けたようでした。

拙い内容であったかと思いますが、今回の講演内容が参加者の方々にとって、
良い姿勢をとるための一助なれば幸いですね。

お読み頂いてありがとうございました。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら