アスレティックトレーナー学科とのチーム医療

理学療法学科教官の福田です。

今回はアスレティックトレーナー学科との
チーム医療授業(他学科とのコラボレーション授業)
についてご紹介します。

アスレティックトレーナーは理学療法士と異なり
更新のある民間資格であるため、高い技術レベルの維持が必要となります。

今回のチーム医療ではテーピングの実技を学びました。

理学療法士が病院でテーピングを行うのに対し、
アスレティックトレーナーはスポーツ現場でテーピングを行うため、
素早い判断と即効性がより求められます。

テーピングという同じ手技に対しても
理学療法士とアスレティックトレーナーでは異なる考え方により実施するため、
異なる考え方・方法に触れることは貴重な経験になります。

140516_1317

140516_1318