坂井匠教官のご紹介

理学療法学科・教官の福田崇です。

一緒に働く坂井教官についてインタビュー形式でご紹介します。

Q お名前を教えてください。
A 坂井匠です。

Q 理学療法士免許を取った年はいつですか。
A 2008年です。

Q 理学療法士になった動機は何ですか。
A 強い動機をもっていたわけではないですが,
  実際に理学療法士になってみると
  ものすごく可能性をもった職種だと思いました。 

Q 理学療法士の教官としてのやりがいは何ですか。
A 学生が卒業し同じ理学療法士になって行くことが本当にうれしいです。

Q これから理学療法士を目指している人々に一言お願いします。
A 一言に理学療法士といっても,さまざまな場所で活躍できます。
  病院や施設,研究分野やスポーツ界・教育機関その他にも多数あります。
  どの分野に進みたいかすでに決まっている人も決まっていない人もいると思います。
  首都医校は,本当に多才ですばらしい先生がたくさんいます。
  きっと自分のなりたい理学療法士像が見つかると思います。

Q その他アピールしたいことがありましたら追加でお願いします。
A 理学療法士はまだまだ広き門だと思います。
  だれでも立派な理学療法士になれるわけではないが,
  その可能性はみんなが持っていると思います。
  興味がある人はどんなことでもOKです。
  是非,理学療法士について語りましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA