村田博之教官のご紹介

理学療法学科・教官の福田崇です。

一緒に働く村田教官についてインタビュー形式でご紹介します。

Q 「お名前を教えてください。」
A 「村田博之です。」

Q 「理学療法士免許を取った年はいつですか。」
A 「1986年です。」

Q 「理学療法士になった動機は何ですか。」
A 「障害者の役に立てる仕事を模索していて,この職業に出会いました。」

Q 「理学療法士としてのやりがいは何ですか。」
A 「対象者一人ひとりの人生の物語に出会えることでしょうか。」

Q 「理学療法士の教官としてのやりがいは何ですか。」
A 「同じように、学生一人ひとりの物語りにかかわれることだと思います。」

Q 「これから理学療法士を目指している人々に一言お願いします。」
A 「完成形はなく、一生自分を高めていける仕事です。お互いがんばりましょう。」
14_0529_TP_01_1712