理学療法学科の授業

 理学療法学科・教官の福田崇です。

 前回新2年生の授業風景をご紹介しましたが理学療法学科が4年間で学ぶ授業構成を説明します。

 理学療法学科の授業は座学と実技と学外実習の3種類にわけることができます。

 座学は4年間通じて行われ,実技は2年生から徐々に始まります。

 学外実習には1,2年時の解剖学見学実習,2年時の臨床見学実習,3年時の臨床評価実習,4年時の臨床総合実習があります。

 すべての授業は理学療法士国家試験とその後の理学療法士としての仕事のために行われています。

 人間を相手にする理学療法士にとって学ぶことは無限にありますが最低限のレベルとして,患者さんを悪化させないだけの知識と技術を身に付ける必要があります。

 そのためには両輪となる座学と実技をしっかり勉強していかねばなりません。

 4年間我々教官とともに頑張っていきましょう。