理学療法学科の謝恩会

理学療法学科ブログ・教官の福田崇です。

これまで首都医校の卒業式、理学療法学科内の卒業式について記しましたが、その夜は学生主催の謝恩会が行われました。

謝恩会とは感謝の気持ちを表すための会ですので楽しい会というだけでなく、この場に臨む教官としては、学生が感謝するに値する4年間を学生に提供できたかという自問をさせられる場でもあります。

実際は「教えることは教わること」という言葉があるように、私たち教官にとっても学生の存在と卒業という事実そのものに感謝の気持ちで一杯になります(参加者の教官談)。

そして、次の謝恩会も胸をはって臨めるよう、また一年励みたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA