臨床実習スタート

こんにちは。臨床工学学科教員の石井です。

今週から臨床工学学科夜間部4年生の臨床実習が始まりました。

臨床実習とは学校ではなく医療機関(病院)にて実際の医療現場で、
臨床工学技士(医療従事者)がどのような仕事をしているかを見学・体験する実習です。

具体的には集中治療室実習(人工呼吸器業務含む)・血液浄化療法装置実習・
手術室実習(人工心肺装置業務含む)・医用機器管理業務・その他の実習を約1ヶ月半行います。

臨床実習では学校では体験できない様々な貴重な経験ができます。
しかしながら実際の医療現場ではかなりのプレッシャーを感じるでしょう。
それを乗り越えてこそ、実習した意義があります。

なにより、貴重な時間を割いて臨床実習を受け入れて下さっている
実習病院の従業員の皆様に感謝し、しっかり挨拶し、報告を怠らず、
決まりごとを守り、実りある実習をしてくれることを期待しています。

臨床工学技士(医療従事者)を目指す学生としての自覚を持って最後までしっかり
実習やり遂げてください。

がんばれ首都医校臨床工学学科夜間部4年生の諸君

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら