歯科衛生士の三大業務①~歯科予防処置~

こんにちは。
首都医校歯科衛生学科・教官の山崎です。

前回、歯科衛生士には三大業務というものがありますよ、というお話をしました。
今回からは、ひとつひとつの業務について詳しく説明していきたいと思います。

では、ひとつめ、「歯科予防処置」について見ていきましょう。

15_0707_DH_(3)_1912

歯科予防処置とは、むし歯や歯周病などのお口の中の病気を予防するお仕事です。

これまでに、皆さんは、歯科医院へ行って、歯垢や歯石などを取り除いてもらった経験はありませんか?
これが、歯科予防処置にあたります。
歯垢や歯石は、むし歯や歯周病の原因になります。ですから、それを取り除くことによって、むし歯や歯周病を予防しようとしているのですね。

また、子どもの時に、歯科医院へ行って、歯にフッ素を塗ってもらったことはありませんか?
フッ素を塗ることで、むし歯ができにくくなります。
これも、歯科予防処置のひとつなんですよ。

それでは、このへんで。
次回は「歯科診療補助」のお話です。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら