私のストレス発散法

精神看護学を担当している野村です。自分には心の病気は無縁と思っている人も多いようですが、心の病気は誰でもなり得る病気です。例えば、うつ病は風邪のように誰にでも起こり得る、ありふれた病気であると言う意味合いで、「心の風邪」と言う別名があるほどです。

こうした心の病気は一般に自然治癒は期待しにくく、放っておくとどんどん悪くなってしまう傾向があります。例えば、うつ病は早い段階で治療を受ければ比較的容易に回復する事ができますが、未治療のまま放っておくと、自殺のリスクがある深刻な状態にもなってしまいます。

軽度の心の不調の場合で病院に行くほどではない軽度の心の不調の場合、生活リズムや食生活の見直しなど、自分でできることで改善することもあります。あくまでも重度でない場合ですが、起床時間を決めて朝日を浴びたり、心が軽くなる本を読んだり、仕事に打ち込んでみたりと、症状に併せてセルフマネジメント法を試してみるのも有効です。

ストレスが原因の心の不調の場合は、ストレス発散を試すのもよいでしょう。
では今回特別に【私の発散方法】を教えますね☆
1.週一回美味しいものを食べる(寿司or焼肉orラーメン)
2.運動とストレッチ。野球が趣味といううこともありまして、けが予防・パフォーマンスアップに【体幹】を鍛えています。どんなスポーツにも体幹は重要ですね。機会があればお読み下さい。
【著書の紹介】「野球力」を上げるトレーニングメソッド 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/23
木場克己 (著), 小宮山悟 (著)

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら