スペシャルゼミ実施

1/23(金)、首都医校Bホールにおいて、
「本邦における救急医療体制の現状と課題」というテーマで、
埼玉医科大学総合医療センター 病院長 堤晴彦 先生の講義がありました。

当日集まった学生は200人。
看護からは看護学科Ⅰ・Ⅱの2年生、看護保健学科の3年生が参加しました。

とても重要なお話でありながら、ユーモアたっぷりのお話で、
時が経つのも忘れるくらい、学生も教員も楽しくお話を伺う事ができました。
堤先生、ありがとうございました。

堤先生のお話の中で個人的に印象に残ったフレーズを一つ。

「医療に国境はない。医療に県境はある。」

・・・ドクターヘリの運用について、課題を提起する際に使われた言葉です。

医療資源の配分を工夫すれば、
救急医療で助けられる命はまだまだ多いはずです。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら