入学して8ヶ月、こんなことができるようになります。

皆さんこんにちは。
基礎看護学領域を担当する、教官の武山です。

11月も中旬を過ぎ、寒さも厳しさを増す一方ですね。
皆さんインフルエンザにはご注意を!

さて、基礎看護学ではこの時期は、演習が大詰めとなります。

1年生に関して申し上げますと、4月から始まった授業を基に
ベットの整え方・姿勢のとり方・体の拭き方・体の調子の整え方
食事に関しての援助のしかた・排泄に関しての援助の仕方・・・
こんなにたくさんのことができるようになります。

そして1月には、それらを基にして、
実際の病院で患者様のご協力の下、学習した内容を実際に行っていきます。
いわゆる「臨地実習」というものです。

8ヶ月でこんなことができるようになるんだなと、
学生の皆さんの成長を楽しみにしつつ、関心をしているこのごろです。
学習している過程では、いろいろ悩むこともありますが、努力すればできます。

最後に私が学生の皆さんにお伝えしていることは、
病気を見る前に、その方を見て下さい」とお伝えしています。
その方にとっての生活をしっかり見て、何が必要か考えられるように」と伝えています。

皆さん、「知るということ」は、とっても楽しいことですよ。一緒に学びましよう。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら