天空の城

今日は台風一過の青空。
はじめまして。小児看護学領域専任教官の齋藤です。

先日のことです。
私が18階で授業をした帰りにふと外の方を見てみると
数人の学生がいすに寝転んでいました。
いすといっても一辺1m位の三角形のいすです。
その三角形のコーナーは18階から21階までの吹き抜けになっています。
はじめは、お行儀の悪さを注意しようかと思ったのですが・・・。

齋藤「どうしたの~。そんなところに寝転がって」
学生「先生も寝転がってみなよ!綺麗だよ」
齋藤(何が綺麗かわからないけど、とりあえず学生の気持ちになってみよう)」

14_1014_NB_01_1712 14_1014_NB_02_1712

いすに寝転がり上を見てみると一面に綺麗な空が見えたのです。
全部が空・空・空。高原で見るようなすがすがしい空でした。
なるほどこれは見事に綺麗。

齋藤「これ首都医校のブログに載せていい?」
学生「いいよ~」

すると上から声が。21階の学生「先生!21階からもまた違う感じで綺麗だよ」

「綺麗だね~」と空を見ている看護学生の感性の素晴らしさに感動しました。
コクーンタワーでは北海道から、沖縄、海外からの学生も学んでいます。
新宿の綺麗な空の発見に驚き、田舎の空を思い癒されました日でした。