地域作業療法ボランティア実習報告会

4年生は9/4~9/9の期間、地域作業療法ボランティア実習を行いました。地域領域(病院外で行われるリハビリテーション)で活躍されている作業療法士の所でお世話になりました。作業療法士、理学療法士によって開業された施設もあり、興味深々(^o^)報告会の様子。
17_0921_TO①_2012 17_0921_TO②_2012 17_0921_TO③_2012 17_0921_TO④_2012 17_0921_TO⑤_2012 17_0921_TO⑥_2012
スライドプレゼンテーション、紙芝居、演劇、手話‥等。体験で感じたことや、指導者から学んだことを思う存分に発表できましたね!沢山の学びがあった様です。
17_0921_TO⑦_2012
今回の経験を生かし、残り半年の学校生活も楽しく(厳しく)頑張ろうね!(^^)! 最後にボランティアを引き受けて下さった施設様に深謝申し上げます。
教官 熊谷
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
今回ご協力をいただいたのは、クラブハウスすてっぷなな、柏訪問リハビリステーション、株式会社ハート&アート、放課後デイサービス遊びりぱーくlino`a、社会福祉法人かがやき会就労センター「街」、リハビリ推進センター株式会社、マイルドハート高円寺、みのり地域看護ステーション、NPO法人いきいき福祉ネットワーク、サポートセンターきぬた、夢のみずうみ村 浦安デイサービスセンター、株式会社リハロー、りんご訪問看護ステーション、ファンコーポレーション、いずみ野整形外科クリニックデイケア、新宿区立障害者生活支援センターです。大変ありがとうございました。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

理学療法学科 校外学習

こんにちは、理学療法学科の坂井匠(さかいたくみ)です。
先日、理学療法学科の1年生と一緒に西武新宿線航空公園駅近くの国立障害者リハビリテーションセンターの見学に行きました。1年生は、リハビリテーション概論や理学療法概論で学んだ知識を実際に目で見て体験する機会になったと思います。

見学では映像で施設の設備や取り組みをとても分かりやすく説明していただきました。また、実際に障害をもった方が使用する車いすや、生活で使用する自助具などを体験する時間もありました。校外学習ということで、学生の姿勢もいつも以上に積極的で私たち教員も感心しました。

※写真は施設の許可を頂いた上で掲載しています。17_0930_TP_02_2012

第1回目の実習を終えて

こんにちは

9月も下旬になって、朝晩はめっきり涼しくなってきました。。
読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋・・・ それでも、やはり学生にとっては「勉強の秋」です。 第1回目の実習を終え、精神科の医療機関や地域の施設で、学校では学ぶことのできないたくさんのことを、自分の目で自分の耳で、そして自分の心で感じ取ってきたことと思います。

実習に際しては、それぞれが目的や課題を事前に定めて実習計画を、
作成していましたが、上手くできたこと、上手くいかなかったこと、指導者に評価されたこと、指導者に注意や助言をいただいたこと、個々に今回の実習を通して学んだことは、後期の授業や、2回目の実習、あるいは卒業後の就職先や彼らの人生において、大きな財産になっていくものと思います。

まずは半年を切った国家試験に向けて、健康管理に留意しながら
しっかり前を向いて、授業や課題に取り組んでほしいと思います。

研究授業

言語聴覚学科では、定期的に研究授業を行っています。
毎月1回、1名ずつ交代で授業を担当し、他の全教員が評価に当たります。評価する教員は、学校所定のアドバイスシートを用いて、講義技術・講義内容などについて5段階で評価し、その結果を学科責任者がまとめ、担当教員に指導します。

他者の目を通じて評価を受けることにより、自分では気づきにくい問題点を客観的に捉える機会になりますし、また評価する教員も他の教員の授業のよい点を学ぶことができます。評価結果を聞くのは怖い気もしますが、学ぶことの多い、よい機会です。私もこの12日に研究授業を行い、いまその結果をまとめています。

救急救命学科 校内模試

1年生・2年生・3年生合同で校内模試を行いました!

3年生は絶対に1・2年生に負けないように!
残された期間でどこまで実力をつけなければいけないか把握するために、1・2年生は自分たちの最終到達目標を把握する為に、それぞれ頑張っています。

結果が楽しみですね!

 

チーム医療(視能療法学科編)

こんにちは! 首都医校柔道整復学科 教官の伊藤です。

夜間部の学生が「チーム医療」の一環で視能訓練士特科の実習室にて眼に関する各種検査を体験させていただきました。
当日は完全に医療現場での患者さんへの対応を想定され、シュミレーション形式で行われたため、本番さながらの緊張感の中で、視能訓練士特科の学生の皆さんが日頃の成果を発揮されていました。
患者役として入った柔道整復学科の学生は視能訓練士特科の学生の皆さんとご指導されている先生方の対応や気遣いや手際のよさに圧倒されていました。やはり、実際の医療現場では「自ら考え、自ら動く」ことが必要であることを身をもって学ぶことができた大変貴重な時間でした。

 

大輪の華(精神保健福祉学科)

夏休みも終わり、精神保健福祉学科はいよいよ一回目の実習が始まります。 前期に授業で学んだことを、実習先で自分の耳や体で感じとり、確認をし、 新たな課題を見出し、自分の進むべき道を改めて考える機会になって欲しいと 思います。

先日地元の花火大会に行きました。尺玉やスターマイン、それぞれ個性ある 大輪を夜空に咲かせていました。一瞬を彩る花火の美しさもありますが、 学生には国家試験合格、そしてその先にある就職と、一生散ることのない 人生における大輪を咲かせてほしいと、心より願いました。

夏休み明けには全員が元気な笑顔を見せてくれました。
これからの半年、実習や模擬試験、就職活動・・・前期にもましてタイトな 日々が続きますが、体調にだけは万全を期して頑張ってほしいです。

17_0822_wp_2003

ふらふら日記@実習中...

9月に入り、社会福祉学科の学生は相談援助実習の真っただ中o(゜゜*≡*。。)o病院,高齢者施設,障害者施設,児童福祉施設へと
学生は希望した実習先に配属されてそれぞれ頑張っています!

そんなわけで,今年も私たち教員は実習巡回の日々...トンボも飛んでいるし...こ~んな実習巡回はどうかなとイラストを描いてみましたが,「捕まったの?」との意見がΣ( ̄へ ̄ノ)ノそういえば,トンボの食性は肉食でしたねヾ(。。")ありゃりゃ

笑いはさておき(@^^)/~~~
例年のことですが,実習に臨んでいる学生は
「期待と不安」でおなかいっぱいになりながら日々の実習をこなしています。実習では「なりたい!」と願う社会福祉士の先輩たちの背中を追いかけながら、願うだけでは越えられない壁も感じているようで...でも,その壁を直視し,どうしたら乗り越えられるのかを考えることも大切だよね!

学生指導に当たってくださる指導者のみなさま
そして貴重な時間を提供してくださる利用者のみなさま
どうか暖かい心と視線で実習生を見守ってくださいますようにお願いいたします。

ちなみに,トンボは「勝ち虫」として知られています(^^)Vブイ
夢は掴み取るもの!夢に向かって前進,前進!
「顔晴る」みなさんを応援しています...¢(^^*)社会福祉学科の有賀でした