ふらふら日記@いつの間にか...

みなさん,こんにちは!

早いもので...いつの間にか10月も最終日Σ( ̄へ ̄ノ)ノあれっ
今月はなんだか“あっ”という間に過ぎてしまったような気がします。

確かに
14日(金)には国際福祉機器展の見学に出かけ
17日(月)には裁判傍聴にも出かけ
帰ってきたらスぺゼミで六親会の湯川先生のお話を聴いて
22日(土)には模擬試験も受けて...O(゜゜*≡*。。)o

とまぁ,そんなこんなであっという間にひと月が終わろうとしています。

そして今日はハロウィン!
日本のお化けと言えば「陰陽師」ということで和風テイストの...
って,それ以外のイラストはΣ( ̄へ ̄ノ)ノはっ

すみません...次回はがんばりますのでm(_ _)m

明日から11月!
風邪だけでなく,インフルエンザの声もちらほら聞こえてくるようになりましたので
体調を崩さないようにみなさんお気をつけて!

久々のブログにちょっとあわてている...¢(^^*)社会福祉学科の有賀でした

食道発声の演習

銀鈴会の名誉会長の新美典子先生が、言語聴覚学科夜間部3年生の「音声障害学」の特別授業に来てくださいました。銀鈴会は、喉頭癌等のために喉頭を摘出する手術を受けた方への発声技術を指導して、会員の社会復帰を促進することを目的としている会です。
皆さんは声を出すことができなくなったら、どんな気持ちになるでしょうか?
新美先生は、声が出ないということのショックと、食道から声を出すために練習を重ねられたことについて、心をうつ話をしてくださいました。
その後、実際に学生に食道発声をご指導くださいました。
写真は、新美先生のご指導で初めて、食道から声が出せた学生に、思わずみんなで拍手しあっている場面です。

立冬とねぎ

こんにちは。 首都医校 鍼灸学科 教官の曽根です。

11月7日(陰暦十月八日)は立冬です。
いよいよ冬の季節に入ります。気温も下がり、日照も日増しに短く弱くなるころです。

気温も下がってきて、空気も乾燥してきました。
そろそろ風邪が流行り始める時季です。

風邪を引きそうな時には、ねぎ(長ねぎ)がオススメです。
古くから薬用野菜として用いられてきたねぎは、気血の巡りを改善して体を温める作用があります。
特に、寒気を伴う風邪の初期症状に効果があり、体温を上げて発汗を促し、
悪寒を取り除いて解熱し、節々の痛みや頭痛を解消します。
また、冷え症や消化不良も改善します。

ねぎには体を温める作用があります。
これからの季節、鍋物などは体も温まるし最高ですね!

3年生は、来年2月下旬の国家試験に向けて精進しています。
11月中旬には模擬試験があります。そろそろ成績を上げて行きましょう。
みなさんも、風邪など引かぬよう、体調管理には十分気をつけてくださいね。

ではみなさん、風邪を引きそうな時にはねぎを食べて、体を温めましょう!

卒業生が遊びに来てくれました!

卒業生が遊びに来てくれました!

臨床は大変・・・といいつつも、とても活き活きと話をしてくれました。
元気に頑張っているようでした。(*^_^*)

そして、2人からのメッセージを預かりましたので、3期生のみなさんにお伝えします。(^_^)v

「忘年会か、新年会をしましょう!Oさん、幹事お願いします!!」
とのことでした。

卒業生のみなさん、たまには学校に来て近況を教えてくださいね。
お待ちしていますよ~。

教官 岩本

国際福祉機器展に行ってきました!

10月13日~15日に東京ビックサイトにて国際福祉機器展が開催されました。
作業療法学科からも、見学に行ってきました!

16_1020_to_02_1812

たくさんの最新の福祉機器を見学し、体験させてもらい、試供品をもらい・・・(*^_^*)
肩や手が痛い・・・といいつつ、たくさんのパンフレットをもらって帰りました。
これからの勉強に活かしてくださいね。(^_-)

教官 岩本

 

16_1020_to_03_1812

 

保育園での歯科保健指導

1年生の皆が保育園での歯科衛生講話を見学しに行ったので紹介したいと思います。どうやったら保育園児たちが引き込まれるような話ができるか、どんな風に伝えたら保育園児たちに伝わるのか、実際の現場を見て様々なことを感じたようです。

16_0907_dh_02_2003

学生たちも実際に子どもたちにブラッシング方法を教えていました。

16_0907_dh_01_2003

戸惑っている学生、楽しんでいる学生、色々な反応がありましたが、彼女たちが自身で講話を行う姿を見るのが今から楽しみです!

全身持久力ってどうやってわかるのかな?

16_1011_tp_01_2003みなさん、こんにちは
理学療法学科の坂井匠です。

今回は持久力についてお話します。
普段何気なく使っている持久力という言葉ですが、どのように測ることができるのでしょうか?一般に皆さんは、運動しても疲れ知らずの人や長距離を走るのが得意な人などに持久力があるという言葉を当てはめると思います。

理学療法学科の生理学実習では、呼気ガス分析装置を用いて全身持久力の指標である最大酸素摂取量を計測しています。

生理学実習で使用している呼気ガス分析装置は、運動時に体内に取り込まれる酸素と体内から排出される二酸化炭素を計測することができます。

これにより、全身持久力の指標、からだが取り込むことができる酸素の最大値『最大酸素摂取量』を算出することができます。

 

特別講義

作業学科での「特別講義」を行いました。

山本先生の特別講義です。

作業療法の世界の面白さや深さをお話しいただきました。

どの学生も真剣に耳を傾けて話を聞いていました。

対象者の方としっかり向き合える作業療法士になってください!
とのあつ~~いメッセージでした (^^)

山本先生、ありがとうございました。

教官 岩本

DSC_0126

DSC_0093