課外授業続報

朝倉先生による課外授業の2回目がありました。(2回目は受講希望者が多すぎて、二組に分けて行われました)

16_0525_TP_01_181216_0525_TP_02_1812
今回も1回目の講義で腰痛の学生の状態を評価して治療するまでの流れを復習して、自主トレーニングの大切さを説明して、次に首に問題のある学生をピックアップして、同様に評価から治療までの流れを実技を交えながら講義していただきました。
ちょっと難しい専門用語も出てきましたが、学生たちもだいたい理解できているようでした。

16_0525_TP_03_1812

16_0525_TP_04_1812

16_0525_TP_05_1812

16_0525_TP_06_1812
理学療法士がどんなことをするのかイメージしてもらえれば、ブログを書き続けている甲斐があるというものです!

理学療法学科 教官 石井 篤

ふらふら日記@見学実習 in レクロス広尾

みなさん,こんにちは!

渋谷区広尾にあります日本赤十字社総合福祉センター レクロス広尾への見学に行ってまいりましたのでそのご報告...¢(^^*)

16_0518_WS_01_1912

まず驚くのは,医療センターや看護大学等を含めたその敷地の広さと
レクロス広尾の建物の大きさでした(゜▽゜*)(。。")(*゜Д゜)(*≧▽≦)

そして,日本赤十字社の事業と総合福祉センターについての説明を聴きながら日赤が福祉事業の経営をできる根拠を学んだり,これからの福祉施設の在り方の一端を感じてみたり...(T▽T)すごい
講義で学んだことを改めて聴いて理解を深めたりしました。

その後は,相談課の職員の方の案内で館内を見学させていただきましたが,
日赤の目指そうとする福祉の姿や,しあわせの形がそこにo(゜゜*≡*。。)o

居宅介護支援事業所の職員の方からは,ご自身の経験を交えながら利用者の方たちとの関わりや複合型施設で働くことでの学び,相談業務特有の仕事の難しさについてもお話いただくことで9月に始まる実習,そして目指す福祉の仕事について学生一人ひとりに改めて考えるきっかけをいただきました。

さぁ,今日の見学で学んだことや感じたことを報告しあいながら実習に向けて,そしてなによりのためにさらに一歩を踏み出そう!...¢(^^*)

社会福祉学科 教官 有賀でした

>>>>>
レクロス広尾のみなさま,この度はありがとうございました。

ふらふら日記@もしもしカメよ~♪

みなさん,こんにちは!

ミステリーウォーキングの報告は楽しんでいただけたでしょうか(^^♪

さて,記事が続いていたこともあって...
遅くなってしまいましたが,模擬試験を実施しましたのでそのご報告...¢(^^*)

4月に入学したばかり,講義もそんなに進んでいないこの時期になぜ!?

と思われる方も多いのだと思いますがヾ(。。")そうだよねぇ

来年1月に取り組む国家試験...
どの程度の問題量で,難しいとは聞いているもののどれ程の難易度なのか!?
長い試験時間のなかで,どのように問題と向き合い続けるのか!
科目が多い中で,それぞれの講義で重要な単元はどこか!?
など...今回の経験を通して理解してもらおうと取り組んでいます。

試験を終えた学生からは「問題文が長い~っ」「問題も多くて疲れた~」との声が!
でも,「分からないけど,なんとなく解ける問題もあるなぁ...」なんて声も聞こえてきましたよo(゜゜*≡*。。)oどこだどこだ

「なんとなく」が「これが答えだ!」と確信に変わるように
これからの講義を大切にしてくださいね(^^♪

16_0516_WS_01_1912

さぁ,ウサギはカメに勝負を挑みましたが
国家試験勉強は自分自身との勝負
苦しいこともあるかもしれませんが,クラスみんなで声をかけ合いながら乗り越えていきましょう...¢(^^*)

社会福祉学科  教官 有賀でした

愛媛での講習会

週末に、愛媛県で「PNF概念」というリハビリの進め方に関する講習会に行ってきました。

DSC_0647

DSC_0616

リハビリや理学療法といっても、いろいろな考え方や方法があります。そのうちの一つですが、患者様に直接触れて、忘れてしまった動き方を想い出してもらう手助けをしたり、間違った動きを修正したりといった方法です。

DSC_0642

DSC_0618

DSC_0617

写真を見てもお分かりのように、結構ダイナミックに動かなければならない方法です。その時に、できるだけ効率よくプログラムを進め、なおかつ治療者が腰を痛めたりしないようにするためにいろいろな決まりごとがあります。
また、後ろでまねをしている受講生の先生が見えますが、理学療法の技術でも、サッカーの練習でも同じことで「動くこと」は、まずよく観察してまねをすることから始まります。この「運動学習」という過程には脳内のミラーニューロンという神経細胞が深くかかわっているそうです。名前がミラー(鏡)とはうまくつけたものですね。

理学療法士の学科でも、教科書と実技と両方を勉強していきます。学生でも、免許を持った理学療法士でも常に進歩しようと頑張っています!

理学療法学科 教官 石井 篤

シーティング

シーティングの授業におじゃましてきました!

“シーティング”って??

座っていることでありませんよ。

16_0516_TO_01_2003

簡単に言うと・・・「車いすに座っている状態のこと」を言います。

そして、車いす利用者の生活の質を向上させること目的なのです!

16_0516_TO_02_2003

車いすなどの椅子ではない椅子に長時間座るとどうなるのかという体験を兼ねて、このようなさまざまな車いすなどに座って授業を受けているのです!(*^_^*)

授業時間が過ぎてくると、だんだんと姿勢が崩れ・・・、おしりや足が痛い!疲れた!と言っている学生がでてきました\(◎o◎)/!

対象者の気持ちを考えるには、体験してみる!ということも大切なことですよ。

教官 岩本

学生日記@OB日記

みなさん,こんにちは!

本日も,引き続き『新宿ミステリーウォーキング』に参加した
学生の感想をご紹介...¢(^^*)

16_0508_WS_01_1912

>>>>>

私達は,まず四谷三丁目駅から四谷保健センターへ行きました。
ここは新宿区に4つある保健センターのうち,唯一の「女性支援センター」です。
職員の方に声をかけて血管年齢と肌年齢をチェックする機械に挑戦!一喜一憂しました。

利用者は新宿区在住の方,在勤の方,在学の方だそうです。
親切に沢山のことを教えていただきました。

他にも,大木戸子ども園,四谷図書館,第二保育園,新宿区立新宿地域交流館,新宿区役所第二分庁舎に行きました。

(社会福祉学科1年)

>>>>>

「一喜一憂」の『憂』が気になりますがヾ(。。")いったい...何が!?
健康に気を付けながら一年間の学びを充実させていきましょうね。

社会福祉学科 教官 有賀昭博

学生日記@チームドナルドの旅

みなさん,こんにちは!

さてさて,今回も『新宿ミステリーウォーキング』に参加した
学生の感想をご紹介...¢(^^*)

16_0509_WS_1912

>>>>>

私たちのチームは,男女共同参画推進センター,住吉町生涯学習館,富久町児童館,新宿地域交流館,新宿区役所第二分舎,バスタ新宿をまわりました。

男女共同参画推進センターでは,図書館,会議室の貸し出しの他に無料の電話相談もあるそうで,曜日によって弁護士の方や元家庭裁判所調査官の方に相談にのっていただけるそうです。
相談員の中にはソーシャルワーカー,医療ソーシャルワーカーの方々もいて,ソーシャルワーカーがこんな所でも活躍しているんだなと驚きと発見がありました。
聞いたことはあるけれど利用したことのない施設に入り,地域の方々がどのように利用しているのか確認したり,新宿を歩いて回り,たくさんの新しい発見と,とても楽しい演習となりました。

<<<<<

3回にわたってお送りしてきました「学生日記@」もこれで書きおさめ(T_T)
学生一人ひとり,そしてグループで楽しく新宿という街を学ぶことができたみたいでよかったですね(゜▽゜*)(。。")≡(*゜Д゜)(*≧▽≦)

ご愛読いただきましたみなさん,ありがとうございました
では,次のお話まで(@^^)/~~~

社会福祉学科 教官 有賀昭博

育休中の教員

作業療法学科には、昨年度から、育休でお休みをしている教員がおります。

ひと月ほど前のことですが、お子さんを連れて、学校に来てくれました。

16_0509_TO_02_2003

今、実習真っ最中の4年生一緒に記念撮影です (*^_^*)

16_0509_TO_03_2003

4年生の皆さんは、2か月間の実習、元気に実習に取り組んでいるのでしょうか(*_*)

ちょっと心配ですが・・・・・5月末にしっかり学んで帰ってくることを待っていますよ。

16_0509_TO_04_2003

教官 岩本

課外授業パート2

先日の課外授業は腰痛についての内容でしたが、今回は頸部の問題についてでした。
まずは、先日の腰痛の時に被験者になった学生の状態について再確認。痛みは軽減していましたが、指導された自主管理をあまりやっていなかったようで、途中で指導が入ったとのことでした。夜、あおむけに寝ていると痛いと訴えていたのが、現在は大丈夫だとのこと。

これが、理学療法です!その場限りの結果ではなく、患者様が困っている日常生活上の問題を将来を見据えて解決してあげるお手伝いをすることです。学生たちも理解してくれたことと思います。
今回の首についての問題も、学生からボランティアを募りほぼ解決!さすが、朝倉先生
ただし、授業の目的は結果を見せることではなく、問題点を解決するために、どのように考えるか、その思考過程を理解してほしいわけです。1年次から勉強してきた解剖、生理、運動学の知識をフルに活用して、2年次で勉強する評価法を駆使して、3,4年次の臨床実習の経験を活かして欲しいのです!これは、免許を取ってからも簡単なことではありません。さまざまな障害を持った人々を相手にするのですから。。。
自分も聴講しながら、新たな発見がいっぱいありました。次回は私の担当なので、朝倉先生のように学生の興味を引き付けられる魅力のある授業にしたいと思います!
理学療法学科 教官 石井 篤

学生日記@チームCのミステリーツアー

みなさん,こんにちは!
先日行った『新宿ミステリーウォーキング』について学生の感想を紹介します。

16_0507_WS_01_1912

>>>>>

四谷三丁目の駅を出発した私達は,
「信濃町家庭支援センター」「医療法人永生会マイウェイ」「四谷ひろば」「新宿地域交流館」「新宿区役所第二庁舎」を経て「バスタ新宿」に向かいました。

途中,「新宿広場」ではボランティアの方から,廃校になった小学校を活用していること,ボランティアとしてできる範囲で高齢者に向けてのプログラム等を実施していることを教えていただきました。

ひと休みしている間は「好きな食べ物」の話をするなど,きちんと話したことのなかったクラスメイトとも話すこともでき,一年間同じ目標に向かって共に頑張っていく仲間のことをさらに知ることができました。

一年間通う新宿のこと,仲間のこと,様々なことを知る良い機会となりました。

社会福祉学科1年 濱中真帆

<<<<<

く~ぅっ!?
メンバー同士の交流もできたようですね(*/^^)人(^^ヾ*)わ~いっ!!

社会福祉学科 教官 有賀昭博