相談援助実習@Ⅱのイチっ!(⌒一⌒*)

みなさん,こんにちは

1/25(日)の国試がずいぶん前の話のような...そんな感じ...¢(。。;)
多くの学生が1/28(水)からⅡ段階実習をスタートさせています。

そのようなわけで
ここからしばらくの間は実習巡回で西へ東へと奔走する巡回の様子などを
報告させていただけたらと思っていますm(_ _)m

でっ...早速
1/30(金)の天気は雪でした!Σ(=エ=ノ)ノ寒い
新宿の街は真っ白でした~

15_0130_WS_01_1812

手足が痛くなるくらいの寒さにくじけず実習に参加している実習生...
足元に気をつけて,事故なく怪我なく乗り切ってもらえたらと願っています。

そして...私も真っ白な世界へ( ̄Go ̄;))))
雨が降ろうが,雪が舞おうが...槍はちょっと怖いけど
でも,待ってる学生がいるのなら"P(^^*)

15_0130_WS_02_1812

では,いってきま~す...¢(^^*)社会福祉学科・教官の有賀でした

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

グループ学習会

3年生は、総合実習や国家試験に向けて「グループ学習」を行っています。

1週間単位で実施しています。

月曜日は、今週何をするかという予定をグループ毎に、クラスメイトに報告し、
金曜日はその成果を発表したり、テストしたりして締めくくります。

どのようなことをしているのでしょう?

あるグループは、脳の障害について寸劇を交え、説明していました。
あるグループは、スライドを使い、クラスメイトに講義をしていました。
あるグループは、「動作分析」ができるかどうか、教官にテストしてもらっていました。

14_0129_TO_01_1712

14_0129_TO_02_1712

いろいろなグループが、それぞれの課題を見つけて頑張っているようでした。

このクラスの仲間と一緒に、これからやってくる大きな壁?を乗り越えていきましょう!

教官 岩本

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

卒後研修が修了しました

先日、今年の卒後研修が終了しました。

Exif_JPEG_PICTURE

昨年度卒業の学生は30回の研修を無事終了し、
本当の意味での一人立ちとなります。

指導教官の元で実際の患者さんを治療しながら
色々な疑問を解決してきたこの一年で自信がついたのではないでしょうか。
自分の進むべき道がより明確となったことでしょう。

学生時代に学べることは鍼灸治療のほんの入り口だけで
資格を得たのちは生涯勉強は続きます。

今後も、時々学校に顔をだして近況を知らせて欲しいものです。
困ったときも、嬉しいことがあったときも、
何もなくても学科はいつも皆さんを待っています。

在校生もこの1年の締めくくりを迎えています。
3年生はいよいよ迫る国家試験に、日毎に顔が引き締まってきました。
1年生、2年生は期末評価の時期です。
無事終えて春を迎えたいですね。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

未来創造展に参加しました! ~その2~

未来創造展」での作業療法学科のブースについての報告をします!

運営は、昼間部3年生の学生が中心になって行いました。

14_0126_TO_01_1712

作業療法の治療手段として、使われることのある、革細工が体験できるというブースでした。

14_0126_TO_02_1712

14_0126_TO_03_1712

ブースを訪れてくれた方に、革細工の説明、手順の説明、そして作業療法の説明を一生懸命していました!

14_0126_TO_04_1712

14_0126_TO_05_1712

予想以上の大盛況で、準備していた人数の2倍以上の人手となりました。
体験してくださった皆様、ありがとうございました。

さて、ステージ上のイベントでは、各ブースの紹介をする時間がありました。代表学生2名が35秒で作業療法学科のアピールを元気に明るく、してきてくれました!

14_0126_TO_06_1712

そして、「未来創造展」のお楽しみのショータイムでは、歌手の大原櫻子さんによるミニライブが開催されました。学生は、「かわいい~」と、最前列で釘付けになっていたようでした。
終わったあとは、「櫻子さんと、目が合った!!!!!!」と大騒ぎ!

そして翌日・・・な、なんとサインをいただきました!(学科に1枚)

14_0126_TO_07_1712

教官 岩本

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

診療情報管理士認定試験

3年生は、最後の模擬試験を終え、それぞれの結果が出ました。

自分の弱点を強化して、最後の追い込みの時期になりました。
体調管理をして、残された時間を有効に活用してください。

また、医療秘書学科2年生は、今年度で卒業です。
すでに、就職が決まった医療機関などで仕事をしている学生もいます。

卒業の単位取得のため、学校に来て授業も受けています。

苦しいと思うかもしれませんが、将来的には良くがんばったと思う日が来るでしょう。

がんばって!

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

解剖学I(骨の解剖学から)

理学療法学科教官の永井薫です。

今回は1年生で習う「解剖学I」の授業を少しだけご紹介します。

1年生の授業では、骨の役割や名称を覚えます。

骨格の基礎を学ぶことで、体の仕組みを理解していきます。
これは、肩甲骨という肩の骨の授業の一部ですね。

15_0126_TP_1712

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

身に付けるもの

あっという間に今年度も残りわずかになってきました。

アスレティックトレーナー学科の2年生は現場実習に出る時期になりました。
座学で基礎知識を蓄積し、実技で体感し、それらをアウトプットする。

言葉では簡単ですが、実際に目の前で起こるハプニングに
冷静に最良の対処を行うことの難しさを経験することとなります。

この時期によくある質問は、
「現場に出るに当たって何が必要ですか?」というものです。

「人柄」「人間力」といったことを答えることが多いような気がします。

実際に受け入れる側が実習生に期待していることはなんでしょう?
最低限の知識と、最低限の実技能力は必要かもしれません。
しかし、最初から一人前に活動できるとは思っていないはずです。

最も重要視されるのは元気よく挨拶が出来ることや、
自分から目的を持って行動すること、
積極的に選手やスタッフとコミュニケーションを取る姿勢
あたりなのではないでしょうか?

こういったことは授業ではなかなか身につけられない領域です。
日ごろからの心がけが大切ですね。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

スペシャルゼミ実施

1/23(金)、首都医校Bホールにおいて、
「本邦における救急医療体制の現状と課題」というテーマで、
埼玉医科大学総合医療センター 病院長 堤晴彦 先生の講義がありました。

当日集まった学生は200人。
看護からは看護学科Ⅰ・Ⅱの2年生、看護保健学科の3年生が参加しました。

とても重要なお話でありながら、ユーモアたっぷりのお話で、
時が経つのも忘れるくらい、学生も教員も楽しくお話を伺う事ができました。
堤先生、ありがとうございました。

堤先生のお話の中で個人的に印象に残ったフレーズを一つ。

「医療に国境はない。医療に県境はある。」

・・・ドクターヘリの運用について、課題を提起する際に使われた言葉です。

医療資源の配分を工夫すれば、
救急医療で助けられる命はまだまだ多いはずです。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

SLTA実技評価

言語聴覚学科の昼間部1年生は1月19日から見学実習に行っています。
5日間ではありますが、臨床現場で貴重な体験をさせて頂いています。

学生はそれぞれ決められた週に実習先に伺うことになっているので、
しばらくの間は全員揃いません。
実習期間でない学生は毎日学校に登校して、
それぞれの課題に取り組んでいます。

その課題の一つとして、S-S法の実技評価とSLTAの実技評価があります。
言語聴覚学科の先生方を相手にS-S法とSLTAの実技評価が行われます。
学生は今からもう緊張の面持ち。
毎日、朝から夕方までクラスメイトを相手に練習をしています。

14_0126_TS_01_1712

「あっ!教示を間違えた!」「あっ!検査用具の並べ方を間違えた!」など、
演習室からはそんな声がよく聞こえてきます。
一生懸命練習して頑張ってほしいものです。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

臨床実習に向けて

2年生を対象とした2次医療機関での臨床実習が1月14日(水)からはじまりました。
実習は1人あたり、1日10時間で6日間実施するものです。

実習ではまず、救急車で搬送されてきた傷病者に対し、救急隊長の医師への引継ぎ報告要領(性別、年齢、事故概要、主訴、バイタルサイン、既往症等)と傷病者に対する接遇要領、そして最初の窓口である救急室で多くのスタッフがどのような医療を開始するのかをしっかりと見てもらいたいと思います。
その上で、慣れてきたら積極的にスタッフの中に飛び込んで多くの知識・技術を自分のものにして下さい。

今まで勉強してきたことがどれくらい反映できるのか。
自分の足りないところはどこの部分なのか。
自分を見つめ直す絶好の機会でもあります。

最後に、スタッフ皆様への感謝の気持ちと、傷病者の方々への暖かい思いやりの心は忘れることのないように。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら