夏休みに向けて

2年生の夏休み前までの授業計画もほぼ予定通り終了しました。

この間、救急救命士しかできない特定行為(救急救命処置)に関する実技も
全員がしっかりと身につけることができました。

残る実技の習得分は約3割程度です。

油断していると直ぐに忘れるので、
折をみては反復訓練に励んで貰いたいものです。

さて、夏休みは自分のペースで勉強できるし、
今までの自分に不足していた部分を補う絶好のチャンスです。

気を緩めることなく、しっかりと計画を立てて目標に邁進して下さい。

「合格」という言葉に近道はありません。
1日1日の小さな積み重ねを大切にすること。
そして自分に負けない強い意志を持って自らの能力を多いに伸張して下さい。

夏休みです

皆さん、こんにちは!首都医校 臨床工学学科・教官の石井です。

今日が夏休み前、最後の授業です。
すでに夏休みに入っている学年もありますが、明日から8月19日まで全学科で夏休みになります。学生の皆さんは忘れ物のないように注意してくださいね。

普通なら夏休みなので怪我に注意しておおいに遊びましょうなどと言いたいところですが、臨床工学学科の学生はME2種の試験が9月に控えていたり、国家試験に向けての勉強などで忙しくなることでしょう。
夏休み明けには元気に登校してくれると信じています。

規則正しい生活を心がけ、熱中症には十分気をつけてすごしてくださいね!

くるみ灸

みなさん、こんにちは。鍼灸学科の教官の大村です。

鍼灸学科の授業に特殊鍼灸があります。
これは鍼・灸についてさまざまなバリエーションを学ぶものです。
先日はくるみ灸という治療法を行いました。

写真を見ていただくと笑えますが、患者の目の上にくるみの殻半分を置き、その上でもぐさを焼くという原始的なものです。眼精疲労の除去や目のくまをうすめる効果があります。ちょっと怖い感じもしますがとっても気持ちがいいですよ。

こういう変わった治療法も学ぶことで学生は開業後の治療の引き出しを増やしていきます。

教官としては最近の患者の希望トレンドも勘案しながらテーマを決めるように考えています。
来年度はどんな治療がメニューに載るでしょうか。
とっても楽しみですね。

14_0731_EA_01_1712

ふらふら日記@Summer Vacation !

「少年易老学難成 一寸光陰不可軽 未覚池塘春草夢 階前梧葉已秋風」
(『偶成』朱熹)とはよく言ったもので...
4月に入学したかと思ったら,もう半分が終わってしまいました。

学生は明日から夏休み!
さて,夏休みをどう過ごすのか...がとても重要ですね。

とはいえ...一日中部屋に缶詰もよくないですからねヾ( ̄。 ̄;)
「よく学び,よく遊ぶ!」
何事もバランスが大切ですよ~っq(^▽^)p

夏休みが明けたらいよいよ実習も始まります。
準備を怠ることなく,意識を向けていきましょう...(((((*^^)

では,事故なく怪我なく素敵な夏休みになりますようにと
祈念しています...¢(^^*)社会福祉学科・教官の有賀でした。

>>>>>
卒業生の皆さんへ
夏休み期間は8/1(金)から8/19(火)となっています。
「お盆休みで時間ができたから後輩の指導に...」と足を運んでいただいても
学生はだ~れもいませんのでお気をつけくださいm(__)m

8/25(月)から始まる実習で,学生がお世話になる卒業生もいます。
後輩へのご指導,ご鞭撻の程,よろしくお願いしますね。
14_0731_WS_01_1712

前期の授業が終了しました

こんにちは。精神保健福祉学科は、
7月29日までに前期の授業がすべて終了しました。
前半戦は、「あっという間」でしたね。

終了間際に、定期試験が12科目も!
12科目は並大抵の分量ではありませんが、
学生の皆さんは、どの科目でも、
かなりハイレベルの結果を叩き出したようです。すごい!

さて、前半戦を終えるに当たって、
私が実践の場で大事にしていたことをお伝えします。
自分にも人にも誠実であること。
どんなことがあっても、ご本人の立場に立つこと。
自分を活かすこと、人を活かすこと。の3つです。

精神保健福祉士は、人を誠心誠意大切にする仕事です。
そんな、とても素晴らしい仕事を目指していることに誇りをもって、
夏休みも有意義にすごして欲しいと思います。

夏休み、よく遊び、よく学び、よく寝ましょう・・・・・以上!

リフレッシュ

夏休みに突入しました!!

勉強が楽しくなってきた人も、
慣れない勉強に悩み続けた人もとりあえずリフレッシュ!!

旅行や映画、友達に会ってどんなに大変か聞いてもらったり・・
ホッとしているところでしょうか?

リフレッシュは大切ですが、逃避になってしまうと後が大変です。
一旦OFFにしたスイッチをまたONにするタイミングを逃すと、
夏の時間は瞬く間に過ぎ去ってしまいます。

最後のゴールにたどりつくまで、
自分をコントロールするのは至難の業ですが、
高い目標をもって入学したからには、ゴールをしっかり意識して
計画的に有意義な夏休みを過ごしてほしいと願っています。

3歳児健診見学

視能訓練士は小児とかかわることの多い職業です。

視能訓練士特科では、首都医校の保育の先生の講義があり、
大変興味深いお話をきくことができます。

また、今年度は3歳児健診の見学をさせていただくことができました。

乳幼児の健康や発育・発達の定期的な健康診断には1歳半、3歳と健診がありますが、
その次は小学校就学直前の就学時健康診断になってしまいます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、明るいか暗いかぐらいしか分かりません。
生まれた後、外の世界を見ることによって、視力はどんどん発達します。
そして6歳頃には大人と同じくらいの視力になるといわれています。

つまり、それまでになんらかの原因で視力が育っていないと、
弱視のまま大人になってしまいます。

手遅れにならないようにするために、
3歳児健診での視力検査はとても重要なのです。

対象は、3歳1ヵ月から4歳未満児ですので、発育・発達の個人差があります。

見学をしてきた学生たちは、
理解力のある幼児、検査をするのが難しい幼児の差にも驚いていたようです。

とてもよい体験をさせていただきました!

鍼灸学科とのチーム医療

理学療法学科・教官の福田です。

今回は鍼灸学科との
チーム医療授業(他学科とのコラボレーション授業)
についてご紹介します。

鍼灸では治療において
金属の細い針を経穴(ツボ)に刺入するという行為を行いますが
理学療法士はこの行為を行うことができません。

また理学療法が西洋医学の一つであるのに対し、
鍼灸は東洋医学の一つであります。

その意味でこのチーム医療は
まさに異なる分野の医療行為について知るよい機会になります。

今回は消しゴムに金属の細い針をさすという実技を通して
異なる分野の実体験することができました。

140627_1353

140627_1405

夏休み直前! 自主練習会

いよいよ8月1日から、夏休みです!

夏休み直前に実技練習を行っているクラス
(昼間部2年生)がありましたので、おじゃましてきました。

14_0731_TO_01_1704

授業がない日にもかかわらず、熱心に教科書を開いて、
「筋の触診」の練習をしていました。何の筋を触っているのでしょう?

14_0731_TO_02_1704
触ってみて、テキストで振り返り、クラスメイトと教え合い・・・!?

14_0731_TO_03_1704

外の気温もかなり暑くなっていますが、室内も学生の熱心な練習で暑くなっている!
・・・ような?、いないような・・・!?

夏休みも、このままの勢いで、暑さに負けず、がんばりましょう!

教官 岩本

病院実習報告会で7月は終了・・・

6月に最高学年による病院実習がありました。
授業で学んだ知識をもとに、実際の病院現場で仕事を体験して、
学生それぞれ収穫があったようです。

その成果を今回、学科合同で報告会をパソコン実習室の巨大スクリーン
でプレゼンテーションをしてもらいました。
結構、緊張していたりして・・・。

これから社会人になると益々、
このようなプレゼンテーションを要求されるので、
良い勉強になったのでは・・・。

みんな個々に社会人としての心得や実務の重要性を
少しでも理解できたとわかる発表でした。

社会人になったら、この経験を活かしてほしいと感じました。

そのために、夏休みは個々の弱点強化に励んでくださいね。

14_0731_MCMS_01_1712
14_0731_MCMS_02_1712