社会福祉学科について

みなさんこんにちは!

ブログが開設されてから何度も更新しているところですが...
報告することが多くて「そもそも社会福祉学科とは!?」についての案内が
遅くなってしまいましたm(_ _)m

もう4月も終わろうとしているというのに...

さて,ここ社会福祉学科は学内でも「大卒課程」と呼ばれるように,
四大を卒業した方が一年間で「社会福祉士」を目指す課程となっています。

相談援助業務の実務経験がある方では大卒者以外の受入もあるのですが,
詳細をお知りになりたい方は入学相談室までお問い合わせくださいm(_ _)m

さて,「一年間だから簡単じゃねぇの~」と思っているそこのあなたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
入学したからには卒業と国試合格,そして就職内定を目指して
4月から講義に演習に実習指導に試験対策に...
そして就職活動にと慌しい毎日のなかで奮闘してもらいますよ~

それでも,「社会福祉士になるんだ!」という強い信念と
クラスの仲間と教官,そして講師がいるから走り続けられるんでしょうね。

最近の運動不足を痛感しながら...¢(^^*)社会福祉学科・教官の有賀でした。

理学療法学科の授業

理学療法学科・教官の福田崇です。

今回は首都医校ならではの授業風景をご紹介したいと思います。

首都医校では医療系の学科が昼夜計28あります。

理学療法学科ではチーム医療という2年生の講義の中で28学科ある他の学科から授業を受けることができます。

今回は救急救命学科から心肺蘇生とAEDの講義を受けた様子を写真で紹介します。

現在の発達した医療現場では例え医者であっても個人で全ての役割をこなすことは困難です。

そのような状況において自分の専門以外の職種について理解を深め,より自分の専門性を発揮させる能力が必要になります。

チーム医療といわれるチームで行う医療ではまさにそのような関係性を各専門家がもつことで最大限の力を発揮します。

140425_1411
14_0428_WA_01_1903

目指せ!陶芸家!?

いよいよ明日からGWに入りますね(*^_^*)/

今日は昼間部の2年生の授業をのぞいてみました(>_<) 粘土をこねているようですが‥‥ 何の授業なのでしょう(^_^;) 14_0428_TO_01_1712

うーん‥‥
寿司職人のような手さばき(?_?)

14_0428_TO_02_1712

おお!どうやら陶芸をしていたようです(*_*)
みんな初めての体験に泥だらけになりながらも楽しんでいますね(^_^)

14_0428_TO_03_1712
14_0428_TO_04_1712

でも、陶芸家を目指しているわけではないんですね。
陶芸という作業の特性を知り、治療に活用できるように学んでいたんですね~
人の活動すべてが作業療法士にとっては治療に活かせる材料となるんですよ(*_*)

こら!誰だ!?粘土でモアイ作ってるのは(=_=)

介護実習室

14_WA0428写真_1903

こんにちは。

今日は、学生が勉強で使用している教室を紹介したいと思います。

以前交流会で使用した介護実習室、ここは普段ベッドが並べられ
介護技術の練習をすることができます。

そして、ベッドで横になっているのは当学科の仲間でもある“小春さん”
もう一人“福蔵さん”もいます。
介護の授業では、学生の学びを深めるために二人(二体?)も
協力してくれています。

もちろん、学生は介護者役ばかりではなく利用者役も体験。
介護を受ける側になって初めて気がつくことも沢山あります。

まだまだ、授業は始まったばかりですが、
日々、学生が成長していく姿をみることも楽しみの一つですね。

理学療法学科の授業

 理学療法学科・教官の福田崇です。

 前回新2年生の授業風景をご紹介しましたが理学療法学科が4年間で学ぶ授業構成を説明します。

 理学療法学科の授業は座学と実技と学外実習の3種類にわけることができます。

 座学は4年間通じて行われ,実技は2年生から徐々に始まります。

 学外実習には1,2年時の解剖学見学実習,2年時の臨床見学実習,3年時の臨床評価実習,4年時の臨床総合実習があります。

 すべての授業は理学療法士国家試験とその後の理学療法士としての仕事のために行われています。

 人間を相手にする理学療法士にとって学ぶことは無限にありますが最低限のレベルとして,患者さんを悪化させないだけの知識と技術を身に付ける必要があります。

 そのためには両輪となる座学と実技をしっかり勉強していかねばなりません。

 4年間我々教官とともに頑張っていきましょう。

ビジネストレーニング

こんにちは、介護福祉学科の繁定です。

さて、今回は予告しておりました2年生の
ビジネストレーニングの様子をお伝えします。

今日のテーマは、「履歴書の書き方」です。
就職活動において最初に施設に送る履歴書は、
学生の第一印象を決めるものでもあります。

慌てて書いたものでは、学生の良さも伝わりません。
まずは、書き方のポイントを教わったうえで練習から・・・。

講義を終えた学生からは、
「わかりやすかった」
「今日の講義を受けて就職を頑張ろうと思った」

といった声が聞かれました。

今回の講義を通して、それぞれが将来について具体的に考える良い機会と
なったようですね。

授業紹介 「高次脳機能障害」

こんにちは。

今日は、「高次脳機能障害」の授業の一場面を紹介します。

3年生になると、より専門的な内容の科目がたくさん始まります。

この「高次脳機能障害」とは、脳の損傷によっておこる様々な障害のことなのですが、授業では、その症状や検査方法、作業療法を行う上での視点などを学んでいくことになります。

今日の授業では、大脳の前頭葉の機能を検査する方法を学んだようです。

写真は、「Trail Making Test(TMT)」を2人1組で作業療法士役と患者役に分かれて行っているところです。

「百聞は一見にしかず」です。しっかり体験をして身につけていきましょう。

作業療法学科 教員 岩本 麻里

14_0424_TO_01_1712
14_0424_TO_02_1712

ふくしの仕事で大切なもの(^^*)

14_0423_WS_01_1712

みなさん,こんにちは!

今日は,卒業生が『相談援助の理論と方法』の講義で
学生の時に学んだこと,そして今仕事をしてみて感じていることなど
いろいろなお話しをしてくれました。

遅くなりましたが,講師の紹介をしますね...小原先生ですo(≧▽≦)o
彼女は,首都医校で精神保健福祉士を取得後,社会福祉学科に入学をして
この春から病院で医療ソーシャルワーカー(MSW)としてお仕事をしています。

在校生にとって,来年の今頃は自分達がどんな姿をしているのか...
そんなことを感じてもらえる時間にもなったのかな~

小原先生からは
「ふくしの仕事ってなんであるんだろうな?
でも,あるからこそできることをしていきたいって思っていて
皆さんもこれからの一年間で福祉の枠組みや性格がみえてくるんだろうけど
考えることをとても大事にして欲しいなっ思っています」
と,経験を交えながらお話しをしていただきました。

そして...ソーシャルワーカーにとっての『武器』について考えを話してもらいました。
武器っていうと物騒ですが,仕事をする上で「大切なもの」のことですね。
小原先生にとっての武器...( ̄× ̄)それはまた次のお話...m(_ _)m

卒業してまだひと月しか経っていないのに...
小原先生の力強い話にうるうる...¢(TT*)社会福祉学科・教官の有賀でした

最新のトレーニンググッズ

Boa tarde。

先日まで満開に咲いていた桜もあっという間に散ってしまい、春の楽しみが1つ終わってしまいましたね。

そんな中、アスレティックトレーナー学科に新たな楽しみが増えました!それが今回のタイトルにある最新のトレーニンググッズです。今年度より体験入学や、授業で使う為に導入しました。
この最新グッズがどのような物だか想像がつきますか?簡単に言うと『綱渡り』をする道具です。綱渡りとトレーニング!?意味が分からないと思いますが、この綱渡りグッズがとても面白いんです。実は私達教官も使いこなすのには、まだまだ時間が掛かりそうです。(笑)

運動に興味がある方であればもしかするとこのグッズが何かもうお分かりかもしれませんが、詳しくは次回お伝えしたいと思います。

体験入学!

こんにちは。4月20日に、体験入学が行われました。
日曜日にもかかわらず参加された皆さんは、どの顔も真剣そのもの。

精神保健福祉学科の体験入学は、模擬授業の形式。
入学した学生が実際に使う演習室を使って行いました。

写真はその演習室。
体験入学に参加するみなさんを迎え入れる前にパチリ。
ひとたび授業が始まると、学生と教官のアツいディスカッションが始まります。

参加されるときっと、学校の様子や精神保健福祉士の仕事について、イメージが湧いてくると思います。

精神保健福祉士って何だろう?少しでも興味をもたれている方は、ぜひ一度参加してみてください。

学校説明、入試の説明、校舎見学なども行っています。

PT360001