卒業生来校

こんにちは。

今日は卒業生が学校に遊びに来てくれました!

就職してからもうすぐ1年。
すでに担当の利用者さんも決まり、介護計画にも少しずつ携わりはじめるなど、一歩ずつ介護職としてできることの幅を広げているようです。

この1年で起こったことなど、いろいろな話しをしてくれました。
「介護は楽しい?」との質問に「はい」と笑顔で答えてくれた姿に頼もしさを感じました。

これから新入職員が入る時期にもなり、先輩としての立場もついてきます。
どのように成長していくのか、たのしみですね。17_0314_WA_2003

調理実習

こんにちは。

梅や水仙の花、早咲きの桜と散歩をするのが楽しみになる季節になりましたね。

さて、今日は介護福祉学科の1年生と2年生は調理実習を行いました。
今回は、事前に知らされていた食材をもとに、どのような物を作るかグループで話し合い、2コマの授業で準備→調理→食事→片づけを行うというものです。

普段料理をする人でも、慣れない環境、限られた調味料と食材で作るのは緊張するもの。初めはみんな戸惑いながら取り組んでいましたが、次第に笑顔もみられるように・・・。

同じ食材ではありましたが、完成した料理はさまざま。
みんな、「おいし~い!」と言い食べていました。

最近では施設内でも食事を作る機会も増えてきました。
自分のためだけでなく、誰かのために作る料理。
これから少しずつ学んでいきましょう!

就職ガイダンス

こんにちは。

寒さの和らぎとともに、菜の花や梅が開花したというニュースをよく見かけるようになりましたね。

今週、1年生は就職ガイダンスを行いました。
首都医校では就職担当教官が就職に向けてサポートをしてくれます。

実習を経験し、クラスメイトの実習発表を聞いた1年生は、今まで漠然と「介護の仕事をする」と考えていたところから、将来どのような介護現場で働こうか少し具体的に考えられるようになってきました。

3月には訪問介護実習が待っています。

知っているようで知らない訪問介護の世界を知り、将来自分たちが活躍する場の選択肢を広げていきましょう!

あと少し!

12月に入り、クリスマスの装いに気持ちも少しワクワクする季節になりましたね。現在、介護福祉学科では、1年生が2回目の長期実習を頑張っているところです。その長期実習も残すところあと数日・・・。

実習期間中は、学科教員が実習施設で頑張る学生の様子を巡回指導に訪問します。開始当初は緊張した様子だった学生も、後半に入ると笑顔がみられるようになり、ホッと胸をなでおろすことも。

学内で学んだ知識と技術が、実習での学びと統合され、見違えるほどの成長を遂げるこの時期、戻ってきた彼らの姿を見ることが楽しみです!

実習終了まであと少し・・・、「頑張れ~!」

認知症サポーター養成講座

先日「認知症サポーター養成講座」が学校で開催されました。
社会福祉士、精神保健福祉士を目指す学生とともに、介護福祉学科の学生からも希望者が参加し「認知症について」「認知症サポーターとして私たちができること」を学びました。

講座終了後には「認知症サポーター」の証、オレンジリングをもらいみんなで写真撮影!

今回の学びはきっとこれから出会う誰かの役に立つことでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実習終了!

こんにちは。

1年生は初めての介護実習を終え、全員学校に戻ってきました。

実習から帰ってきて、みんな「実習でのできごとをゆっくり話したい!」 という思いはあるものの・・・。
施設での実習が終わったとはいえ、まだ課題を完成させなければならないため午前中は必死に課題とむきあっていました。

実習終了後は実習報告会でみんなが実習で学んだことを共有します。

どんなことを体験し、感じてきたのか・・・。
介護を目指して4か月、彼らが得てきたことを聞くことが楽しみです!

介護福祉士 よくある質問

こんにちは。

今日は介護福祉士の資格取得を目指す方からよく聞かれる質問にお答えします。

Q.実務経験ルートと養成校ルート の違いはなに?
A.実務経験ルート・・・資格取得まで、働いていることで給与を得ることができる。
養成校ルート・・・実習などでさまざまな施設に行く機会があり、多様な福祉現場を
体験を通して知ることができる。就職の際、その経験を踏まえて
選択をすることができる。
自分が行っていない施設でも、卒業生、クラスメイトの情報
をもとに知ることができる。
介護福祉学科では、年に一回卒業生が集まり情報交換をする時間を設けています。
なかなか知ることができない他の福祉現場の話しを聞くと、より介護福祉士が活躍する場の多様さを知ることができますね。
資格取得方法はさまざまですが、自分に合った方法を選択できるといいですね!

実習中!

7月に入り、上野の不忍池では蓮の花が少しずつ花開き始めました。
日中の暑さで体力は消耗しやすいですが、朝方や少し暑さが和らぐ夕方頃外に出てみると、花の色にひとときの涼を楽しむことができますよ。

さて、介護福祉学科では1年生、2年生ともに実習真っ最中です。
1年生は初めての介護実習で、何が起こるか分からない不安と闘いながら実習準備を取り組んできました。

「その実習の不安が少しでも和らげば・・・」と協力してくれたのが、彼らの先輩です。

すでに各介護現場で活躍している卒業生が、1年生に実習や学校生活のことを話してくれました。

「今は完璧にはできなくても、まずは取り組もうとすること」「認知症であっても、特別ではない。構えず普段通り接すること」
経験してきた彼らだから話せる素直な言葉を伝えてくれました。

実習もあと少し。
帰ってきた1年生がどのようなことを感じてくれたのか聞くことが楽しみです!

 

 

立春

日本は昔、立春が1年のはじまりとされていたため、前日は大みそかということになります。

この日に1年の厄を払って次の年を迎えるということで、風習として節分は厄除けの意味もこめて鬼に豆まきをしてやっつけるようになりました。

節分の意味としては季節を分けるという意味があるので、春夏秋冬の季節の始まりの日として立春・立夏・立秋・立冬とあるのの日の前日は本来は節分の日となるようです。

鬼に豆をぶつけるのは「おに」という日本語は『陰』に由来するということで、『陰』とは目に見えない気、主として邪気のことをさしており、これが「おに」なのです
さあ、皆さんで『おにはーそと・ふくはーうち』今年の邪気をおいはらいましょー!!

 

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら

あけましておめでとうございます

2016年 今年はどんな年となるでしょうか・・・申年にちなんで 【難がサル】
というようになってほしいです

さて、皆様 お正月といえば おせち料理 私も何回も挑戦しておりますが、母の味にはなかなか追いつけません。ただ、おせち料理もお正月いただいておりますと、少し飽きてくる…なんてこともあったりして。

我が家ではそんな時 カレーを作って食べます。
いつものカレーと変わらないのになぜかとっても美味しく感じます

国試を目の前にしている学生、少しいつもの年明けに飽きてしまった方々
たまに刺激のある変化を味わうことによって 活動力が上がるといいですね!!

定番を崩してみることもたまにはいいのかもかもしれませんよ

ただ・・・学生は 《勉強》に支障の出ない程度で。お願い致します。

==========

首都医校では体験授業・学校説明・個別相談など、様々なイベントを開催。
学校見学・入学相談は毎日実施。目的や予定に合わせて気軽に参加しよう!
オープンキャンパス・学校見学のページはこちら