車いすで都庁へ!(介護福祉学科)

みなさんこんにちは。

今回は、1年生が毎年恒例「車いすでおでかけ!コクーンタワー~都庁までの道」を体験した日の様子です。

この日初めて実際に車いすに乗り外出。
学内での練習では気が付かなかった少しの傾斜に「車いすが真っ直ぐ進まない!」と気づきいた学生。
横断歩道を車いすでわたると、「意外と青信号の時間はあっという間」と感じた学生。

今回の体験を通して、介護者として利用者さんが外出を楽しむためにこれから何を身につけなければならないのか一人ひとりが考えることが沢山あったようです。

体験を通して学び想像力を働かせること、きっと彼らの介護力を養うことができるでしょう!

ゲストスピーカー

みなさんこんにちは。

今回は、卒業生をゲストに迎え「実習・就職に向けての心構え」について話していただきました。

教員ではなく、今学校生活を送っている学生と同様に、実習・試験・課題・就職試験・・・、学校生活で次々とでてくるさまざまなことを乗り越えてきた先輩だからこそ伝えられる言葉があります。

先輩の話しを聞き、1年生は将来自分が活躍する現場をイメージするきっかけとなり、2年生は就職活動や最終実習に向けて意識を高めることができたようです。

最期に先輩からの「長い人生の中でたった2年間。この2年間をとにかく必死に頑張ってください」という強いメッセージを受け、表情の引き締まった学生の横顔に頼もしさを感じた時間でした。

介護福祉学科 卒業生

みなさんこんにちは。

今回は、卒業生が来校したときの様子をお届けします。卒業後も、ときどき学校に近況を報告に来てくれる学生がいます。この日は、卒業生が介護福祉士の資格登録証を持って会いに来てくれました。
「就職してこんなことを体験したんだ」
「これを任せてもらえるようになった」
「利用者さんとこんなことがあったんだ」 と、楽しそうに、そして、少し自信のついた表情で話す姿を見ると・・・

「やっぱり介護はおもしろいなぁ」と思いました。

実習先で、すでに指導者となり実習生を指導する卒業生に出会うことも楽しみの一つ。こんな風に、介護の魅力を伝えられる学生をこれからも育ていきたいと思います!

ゲストスピーカー

なさんこんにちは。

前回に続き、4月~5月の学校生活をお届けします。

今回は、卒業生をゲストに迎え「実習・就職に向けての心構え」について話していただきました。

教員ではなく、今学校生活を送っている学生と同様に、実習・試験・課題・就職試験・・・、学校生活で次々とでてくるさまざまなことを乗り越えてきた先輩だからこそ伝えられる言葉があります。

先輩の話しを聞き、1年生は将来自分が活躍する現場をイメージするきっかけとなり、2年生は就職活動や最終実習に向けて意識を高めることができたようです。

最期に先輩からの「長い人生の中でたった2年間。この2年間をとにかく必死に頑張ってください」という強いメッセージを受け、表情の引き締まった学生の横顔に頼もしさを感じた時間でした。

卒業生来校

こんにちは。

今日は卒業生が学校に遊びに来てくれました!

就職してからもうすぐ1年。
すでに担当の利用者さんも決まり、介護計画にも少しずつ携わりはじめるなど、一歩ずつ介護職としてできることの幅を広げているようです。

この1年で起こったことなど、いろいろな話しをしてくれました。
「介護は楽しい?」との質問に「はい」と笑顔で答えてくれた姿に頼もしさを感じました。

これから新入職員が入る時期にもなり、先輩としての立場もついてきます。
どのように成長していくのか、たのしみですね。17_0314_WA_2003

調理実習

こんにちは。

梅や水仙の花、早咲きの桜と散歩をするのが楽しみになる季節になりましたね。

さて、今日は介護福祉学科の1年生と2年生は調理実習を行いました。
今回は、事前に知らされていた食材をもとに、どのような物を作るかグループで話し合い、2コマの授業で準備→調理→食事→片づけを行うというものです。

普段料理をする人でも、慣れない環境、限られた調味料と食材で作るのは緊張するもの。初めはみんな戸惑いながら取り組んでいましたが、次第に笑顔もみられるように・・・。

同じ食材ではありましたが、完成した料理はさまざま。
みんな、「おいし~い!」と言い食べていました。

最近では施設内でも食事を作る機会も増えてきました。
自分のためだけでなく、誰かのために作る料理。
これから少しずつ学んでいきましょう!

就職ガイダンス

こんにちは。

寒さの和らぎとともに、菜の花や梅が開花したというニュースをよく見かけるようになりましたね。

今週、1年生は就職ガイダンスを行いました。
首都医校では就職担当教官が就職に向けてサポートをしてくれます。

実習を経験し、クラスメイトの実習発表を聞いた1年生は、今まで漠然と「介護の仕事をする」と考えていたところから、将来どのような介護現場で働こうか少し具体的に考えられるようになってきました。

3月には訪問介護実習が待っています。

知っているようで知らない訪問介護の世界を知り、将来自分たちが活躍する場の選択肢を広げていきましょう!

あと少し!

12月に入り、クリスマスの装いに気持ちも少しワクワクする季節になりましたね。現在、介護福祉学科では、1年生が2回目の長期実習を頑張っているところです。その長期実習も残すところあと数日・・・。

実習期間中は、学科教員が実習施設で頑張る学生の様子を巡回指導に訪問します。開始当初は緊張した様子だった学生も、後半に入ると笑顔がみられるようになり、ホッと胸をなでおろすことも。

学内で学んだ知識と技術が、実習での学びと統合され、見違えるほどの成長を遂げるこの時期、戻ってきた彼らの姿を見ることが楽しみです!

実習終了まであと少し・・・、「頑張れ~!」

認知症サポーター養成講座

先日「認知症サポーター養成講座」が学校で開催されました。
社会福祉士、精神保健福祉士を目指す学生とともに、介護福祉学科の学生からも希望者が参加し「認知症について」「認知症サポーターとして私たちができること」を学びました。

講座終了後には「認知症サポーター」の証、オレンジリングをもらいみんなで写真撮影!

今回の学びはきっとこれから出会う誰かの役に立つことでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実習終了!

こんにちは。

1年生は初めての介護実習を終え、全員学校に戻ってきました。

実習から帰ってきて、みんな「実習でのできごとをゆっくり話したい!」 という思いはあるものの・・・。
施設での実習が終わったとはいえ、まだ課題を完成させなければならないため午前中は必死に課題とむきあっていました。

実習終了後は実習報告会でみんなが実習で学んだことを共有します。

どんなことを体験し、感じてきたのか・・・。
介護を目指して4か月、彼らが得てきたことを聞くことが楽しみです!