専門職だから伝えられること・・・

こんにちは。

すっかり木々も赤や黄色の葉で色づき、季節の移り変わりを感じる季節になりましたね。

さて、みなさんは「地域包括支援センター」という言葉を聞いたことはありますか?
聞いたことはあるけど、よく知らない・・・。という方も多いのではないでしょうか。

「地域包括支援センター」は、”高齢者の相談窓口”という役割があります。
地域で生活をする方を支える私たちにとって、協力する相手を知るということは大切な事。

ただ、知識として入っていてもその場でどのようなことが起き、各専門職がどう対応しているのか、教科書だけではイメージを膨らませるのも難しいものです。

そこで、今回は「地域包括支援センター」で働いている方を招き講義をしていただきました。

想像の話しではなく、実際にあった出来事をもとにどのような支援ができるのかを考えることで、よりグループワークも活発に!

各専門職だから伝えられる言葉に、学生も真剣に耳を傾けていました。

次回はどんな専門職のお話が聞けるのか・・・。
その様子をお伝えします。お楽しみに!