第1回目の実習を終えて

こんにちは

9月も下旬になって、朝晩はめっきり涼しくなってきました。。
読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋・・・ それでも、やはり学生にとっては「勉強の秋」です。 第1回目の実習を終え、精神科の医療機関や地域の施設で、学校では学ぶことのできないたくさんのことを、自分の目で自分の耳で、そして自分の心で感じ取ってきたことと思います。

実習に際しては、それぞれが目的や課題を事前に定めて実習計画を、
作成していましたが、上手くできたこと、上手くいかなかったこと、指導者に評価されたこと、指導者に注意や助言をいただいたこと、個々に今回の実習を通して学んだことは、後期の授業や、2回目の実習、あるいは卒業後の就職先や彼らの人生において、大きな財産になっていくものと思います。

まずは半年を切った国家試験に向けて、健康管理に留意しながら
しっかり前を向いて、授業や課題に取り組んでほしいと思います。