土用の丑の日

「土用」とは、季節の変わり目の事で、古代中国の思想である五行説に由来します。立春・立夏・立秋・立冬直前、約18日間の「期間」を示す言葉です。昔の暦では日にちを十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」で数えました。つまり土用の丑の日は、「土用の期間におとずれる丑の日」を指します。
土用の丑に鰻を食べる習慣は、江戸時代の蘭学者「平賀源内」が知人の鰻屋のために、もともと丑の日には「うのつく食べ物」を食べると病気にならず元気に過ごせるという言い伝えもあったことから栄養もあり「う」のつくものでもある鰻がもってこいだということを知らせる為に「本日、土用丑の日」と店頭に張り紙をしたところ大繁盛したことが有名です。
土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが、立春・立夏・立秋・立冬それぞれに土用があり、いずれにしても、土用の丑の日は「季節の変わり目」といえます。この時期になると全国各地の寺院で、ほうろく灸の仏教行事が開催されます。ほうろくという素焼きのお皿を頭のてっぺんに置き、お皿にヨモギから作られた
モグサをのせて燃やします。戦国時代、武将達がカブトの上にお灸をすえて体力回復を祈願したことを起源とした伝統ある祈祷法です。古くは暑気払い(夏バテ防止)、
今日では頭部の魔を封じることからぼけ封じ、頭痛解消、学力向上、安眠促進、ストレス解消などに御利益があるとされています。お近くの寺院に足を運んでみては?