OSCE

昼間部1年生の聴覚OSCEが始まりました。

OSCEとは「Objective Structured Clinical Examination」の頭文字を取ったもので、「客観的臨床能力試験」と訳されます。

前期に聴力検査の授業を受けそれなりの知識は頭に入っていると思いますが、臨床に求められるのはやはり、判断力・技術力・マナーなどです。このOSCEは臨床技能の習得を適正に評価する方法として注目されています。

学生は、クラスメイト以外の誰かの聴力検査をすることは初めてでしたのでとても緊張したようです。失敗に涙することもありましたが、この経験を糧に今後の臨床実習に向かってくれることを願っています。

まだまだ続く聴覚OSCEですが頑張って乗り越えていってほしいです。