臨床運動学 ~食事動作分析~

臨床運動学の「食事動作分析」について紹介します(*^_^*)

スプーンでスープを食べる場面の動作の分析を行いました。
スプーンを握った後、スープに近づける、スープにスプーンを入れる、スープをすくう、スプーンを口元へ運ぶ・・・というように細かく分け、身体がどのように動いているのかを分析する課題です。

さらに、通常の動きを観察した後は、今回はさらに肘が曲がりにくくなった場合を想定し、肘の関節動きの重要性を体感したり、腕の動きが制限されてしまうと食べにくくなるということを体感するということも行いました。

実施している場面です。
①実際に肘が曲がりにくくなるよう、段ボールで簡易的に作ったものを利用しました。

DSC_0002
DSC_0002
DSC_0001
DSC_0001
DSC_0003
DSC_0003

DSC_0004

普通のスプーンでは食べにくいことを実感したうえで、スプーンを工夫してみました。柄を長くしたり、柄を途中で曲げてみたり・・・考えていました。

②次に腕をラップやテーピングを使って動きにくくし、スプーンを使ってみているところです。

DSC_0005
DSC_0005
DSC_0007
DSC_0007
DSC_0010
DSC_0010

非常に食べずらそうなのが伝わりますか??

日頃、何気なくスープを飲んでいるのでしょうが、実は身体の色々なところ(筋や関節)を使っているのですね!そのような動きを観察し、どのようにすると食べやすくなるだろうか・・・ということを考えるのも作業療法士の仕事なのです!

教官 岩本

課外授業

先週から今週にかけて4回の課外授業を行いました。テーマは「アスレティックリハビリテーション入門」です。スポーツ選手のリハビリについて、メディカルリハビリテーションとアスレティックリハビリテーションの話をしました。
実技では、ダイナミックストレッチのウォーミングアップ、体幹・股関節トレーニングを実施しました。教科書上の勉強も重要ですが、実技では学生の目の輝きが違います。学生が興味を持って受けられる授業をこれからも企画していきます。

卒業生が遊びに来ました!

卒業生が遊びに来ました(*^_^*)

16_0801_TO_01_1712

楽しく仕事をしているようで、活き活きとしていました!(^^)!

そして、手に持っているチラシは・・・多分このブログでは読めないでしょうが・・・(*_*)実は、「ジャズまつり」のチラシなのです(*^_^*)
以前から、楽器を演奏していたということで、時々このようなイベントに出演しているのだそうです(^_-)
新宿に来たのも、そのイベントのための練習のためだそうで、そのついでに学校にジャズまつりの宣伝かねて、立ち寄ってくれたとのことでした。(プロではないようですが、かなりクオリティーの高いバンドのようです)

卒業生の皆さん!
どんな理由でもいいので、近くまでお越しの際は、是非学校へお立ち寄りください。そして、色々な話を聞かせてくださいね(#^.^#)
教官一同、お待ちしています!!

教官 岩本

 

ふらふら日記@夏休み

みなさん,こんにちは!

社会福祉学科では前期末試験も終わり
いよいよ明日から夏休みですヾ(^^ヾ*)わ~いっ(*/^^)/

とはいえ...
この夏休み期間中にも実習のオリエンテーションがあったり,
前期のおさらいをしたり,国試対策をしたりと何かと忙しいのが
1年課程である社会福祉学科の学生の定めだったりします(T_T)およょ

とはいえ,4月から頑張ったご褒美に!
そして,来年の4月から仕事が始まればまとまった休暇なんて
なかなか取れるものでもありませんから,勉強だけではない
充実した夏休みを過ごしてほしいな~なんて願っています(^^♪

普段できないことにチャレンジすることも大切!

勉強疲れの解消に役所まで散歩してヾ(。。")≡あれっ?役所に??
介護保険や障害者総合支援法のパンフレットを手に入れたっていいんです(笑)
...って,やっぱり国試が気になりますよねo(゜゜*≡*。。)o

でも,それだって国試や実習には役立つんですからぜひ出かけてみてください!
役所の皆さん,学生が立ち寄った際にはぜひ温かい心でご対応ください。
よろしくお願いいたしますm(_ _)mぺこり

では,みなさん良い休暇を!!
実習調整の報告書をまとめながら...¢(^^*)社会福祉学科の有賀でした

16_0729_WS_01_1912

和紙作りをしました

治療学技法の授業で、和紙作りを行いました。
条件① 牛乳パックから作る
条件② 紙すき道具は自分たちで作るか工夫する
条件③ ミキサーは使わない
この条件ものと、グループに分かれて、和紙を作りました。紙をすく道具は、木工で枠を作り、洗濯ネットをはって作成しました。
さて問題は、牛乳パックをいかに細かくするか・・・ということです。数日水に浸し、まずは紙とプラスティックを分けるところから始めました。

DSC_0119

そして・・・網でこすったり、はさみで切ったり、すり鉢ですったり、

DSC_0124

DSC_0121

DSC_0120

天然素材で着色しようというグループもありました(^_-)

DSC_0129

みかんです。
そのほかに、煮てみよう!というグループもありました。

DSC_0126

そして、いよいよ、紙すきです!

DSC_0132

DSC_0131

DSC_0133

完成! !(^^)!

DSC_0136

DSC_0135

道具や物は買えば何でもそろう時代です。しかし、今回は、その道具から作り、工夫しつつ作る・・・という体験をしました。どうでしたか?もっと頭を柔らかく、広い視野で、柔軟に考えていくことができるようになるといいですね。

教官 岩本

 

2年生 前期はイベント盛りだくさん

ついこの間進級したと思っていましたが、前期の講義も残りわずかです。私が担任をする2年生は、この数か月イベント続き本当にあっという間でした。

4月  戴灯式

ナイチンゲール像から頂いた灯のもと、看護の  道に進む決意を新たにしました。白衣姿はとても凛々しかったです。

5月  看護学部合同就職説明会

就職なんてまだ考えられないと言ってた学生も病院側の熱心な説明にすっかり引き込まれていました。
6月  レ・クリエーション

医校合同のスポーツイベントです。看護保健学科は少人数です。団結力は№.1。理学療法学科との連合チームで見事優勝です。
7月  基礎看護方法論Ⅷ
前期最難関といわれる科目です。今までにない課題の多さに、            ギブアップ寸前の学生もチラホラ。でも、全員合格できました。
8月  夏休み

9月から始まる基礎Ⅱ実習のことを考えると遊んでばかりはいられ       ません。勉強、遊び、休息をバランスよく取ることが大切です。
後期もがんばりましょう。

実習終了!

こんにちは。

1年生は初めての介護実習を終え、全員学校に戻ってきました。

実習から帰ってきて、みんな「実習でのできごとをゆっくり話したい!」 という思いはあるものの・・・。
施設での実習が終わったとはいえ、まだ課題を完成させなければならないため午前中は必死に課題とむきあっていました。

実習終了後は実習報告会でみんなが実習で学んだことを共有します。

どんなことを体験し、感じてきたのか・・・。
介護を目指して4か月、彼らが得てきたことを聞くことが楽しみです!

夏本番!

こんにちは!
いよいよ夏らしい気候になってきて、毎日暑い日が続きます。
学生も暑い中で学校に通ってきて、さらに実技の授業がある日には、汗だくになっています。
こんなときに気を付けなければならないのが熱中症ですね。熱中症はアスレティックトレーナーの働きかけによって大部分をなくすことができるといわれています。
もちろん、部活動のマネージャーや選手の心がけでもなくすことができるはずです!

・水分補給はこまめに!
・のどが渇いてなくても一口だけでも飲む!
・水だけではなく塩分とミネラルも補給を!
・調子が悪くなったときには無理せずに休もう!

これらのことを心がけるだけでもかなり熱中症の危険度が低くなるかと思います。
この夏のスポーツも安全に楽しみましょう!

介護福祉士 よくある質問

こんにちは。

今日は介護福祉士の資格取得を目指す方からよく聞かれる質問にお答えします。

Q.実務経験ルートと養成校ルート の違いはなに?
A.実務経験ルート・・・資格取得まで、働いていることで給与を得ることができる。
養成校ルート・・・実習などでさまざまな施設に行く機会があり、多様な福祉現場を
体験を通して知ることができる。就職の際、その経験を踏まえて
選択をすることができる。
自分が行っていない施設でも、卒業生、クラスメイトの情報
をもとに知ることができる。
介護福祉学科では、年に一回卒業生が集まり情報交換をする時間を設けています。
なかなか知ることができない他の福祉現場の話しを聞くと、より介護福祉士が活躍する場の多様さを知ることができますね。
資格取得方法はさまざまですが、自分に合った方法を選択できるといいですね!

実習中!

7月に入り、上野の不忍池では蓮の花が少しずつ花開き始めました。
日中の暑さで体力は消耗しやすいですが、朝方や少し暑さが和らぐ夕方頃外に出てみると、花の色にひとときの涼を楽しむことができますよ。

さて、介護福祉学科では1年生、2年生ともに実習真っ最中です。
1年生は初めての介護実習で、何が起こるか分からない不安と闘いながら実習準備を取り組んできました。

「その実習の不安が少しでも和らげば・・・」と協力してくれたのが、彼らの先輩です。

すでに各介護現場で活躍している卒業生が、1年生に実習や学校生活のことを話してくれました。

「今は完璧にはできなくても、まずは取り組もうとすること」「認知症であっても、特別ではない。構えず普段通り接すること」
経験してきた彼らだから話せる素直な言葉を伝えてくれました。

実習もあと少し。
帰ってきた1年生がどのようなことを感じてくれたのか聞くことが楽しみです!